アーカイブ:2017年 6月

  • 「型技術」に「コストダウン事業計画で先手を打とう」を掲載

    市場では製品の販売競争が激しく、販売価格は毎年価格の引き下げ要求があると考えられます。営業部門は毎年、これを想定し販売事業計画を作成します。資材購買部門はこの情報を参考に資材購買部門もコストダウン事業計画を作成し先手を打つのです。コストダウンの具体的な実践方法と事業計画事例を紹介しています。(加藤文男)
  • 「型技術」に「新製品開発における資材購買の役割」を掲載

    新製品開発の初期の段階で製品の利益は決まります。営業部門や設計部門の要求を聞いて放置すると利益の出ない新製品になってしまいます。資材購買部門は、製品の原価の構造をみながら各部門の要求を調整し、利益を確保できる製品の開発に貢献します。(加藤文男)
  • 中小企業がまず考えるべき知的財産とは?

    昨今、さまざまなメディアで『特許』という言葉を目にするが、本当に中小企業は特許なのか?知財の出願データ・事例から、中小企業がまず考えなければならない知的財産は何なのかを提示したい。(島谷 健太郎)
  • 市場としてのベトナムに着目しよう

    ベトナムは日本企業にとって重要な生産拠点であり、ソフトウェア産業ではオフショア開発の委託先としてよく知られています。しかし、ベトナムの経済成長は目覚ましく、市場としても考えることが重要です。(中津山 恒)

カテゴリー

Archives

  • 2018 (29)
  • 2017 (40)
  • 2016 (41)
  • 2015 (30)
  • 2014 (24)
  • 2013 (25)
  • 2012 (18)
  • 2011 (12)
  • 2010 (12)
  • 2009 (4)

Change Language

会員専用ページ

ページ上部へ戻る