地域支援

川崎市内の中小企業の成長・発展と地域経済の活性化向けた支援活動として、川崎市経済労働局、川崎市産業振興財団、その他支援機関・支援団体との連携強化の下、川崎市工業団体連合会傘下の7工業組合単位で、企業の抱える経営課題の共有と課題解決に向け、企業訪問、出張窓口相談、各種セミナー開催等に取り組んでいます。

 

1.平成28年度企業訪問活動

平成28年度は、平成27年度に続き川崎経済労働局工業振興課とタイアップし、川崎市工業団体連合会所属の企業を対象に、当クラブ会員16名が40社を訪問しました。

 

1)単会別訪問実績

団体名 訪問企業数 企業訪問担当者
川崎労働管理協会 3社 清水信行金澤良晃
浅野町工業団地組合連絡協議会 5社 山内喜彦
(社)川崎北工業会 9社 石川征郎東新平田仁志井上美夫中尾孝則中津山恒
下野毛工業協同組合 4社 入谷和彦松井利夫
協同組合高津工友会 8社 齊藤拓中津山恒山﨑康之
(社)中原工場協会 11社 市川南井田義人沼田和広
合計 40社 16名

 

【業種別内訳】

業種 企業数 構成比率
製造業 34社 85.0%
印刷業 2社 5.0%
食品加工業 1社 2.5%
酒造業 1社 2.5%
建設業 2社 5.0%
合計 40社 100%

 

2)企業が抱える経営課題

  1. 事業承継関係(子息への承継、繋ぎ、後継者なし等)10社
  2. 人材確保(高齢退職、技術・技能職採用、若手・新規採用等)7社
  3. 新規顧客・販路開拓(特定企業依存から脱却、売上確保、医療関係等)6社
  4. 設備投資(騒音対策、環境対策、品質向上、生産性向上、老朽化等)5社
  5. 人材育成(営業力強化、技術力強化等)4社
  6. 工場が手狭(工場用地取得、拡張等)3社
  7. 継続的成長に向けた社員の意識改革(危機意識が希薄等) 2社
  8. 高付加価値商品開発 1社

 

2.過去の訪問実績

団体名 平成23年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
川崎労働管理協会 15社 3社 4社   -
浅野町工業団地組合連絡協議会 16社 6社 8社 6社
(社)川崎北工業会 16社 6社 16社 10社
下野毛工業協同組合 16社 4社 8社 3社
協同組合高津工友会 10社 9社 17社 9社
(社)中原工場協会 20社 8社 18社 14社
大川町産業振興連絡会 10社 4社 6社 3社
      計 103社 40社 77社 45社

 

3.セミナー関係

川崎市工業団体連合会並びに傘下の単会からの要請に基づき、セミナーを開催しております。

平成26年度以降に開催したセミナーは、下記の通りです。

 

開催日 団体名 テーマ 講師
H29年度 4/21 浅野町工業団地 「円滑な事業承継であなたの会社を永続可能な会社に!」 山内喜彦
H28年度 2/15 工業団体連合会

(金融委員会)

「マイナンバー制度に対応する準備はできていますか?」~今からでも間に合う中小企業が対応すべきポイント~ 山内喜彦
「労務管理の最新トピックスとその動向について」 竹尾伸一
2/8 川崎北工業会 「公的補助金活用のポイント」 井田義人
H27年度 8/3 浅野町工業団地 「マイナンバー制度に対する備えはできていますか?」

~中小企業が対応すべき実務ポイント~

山内喜彦
5/28 川崎北工業会 中小企業のためのマイナンバーセミナー

~知っておかなければならない準備と対応~

東 新
H26年 12/9 中原工場協会 「経営革新で次の発展を図ろう」 高橋栄一

 

以上

Change Language

Archives

  • 2017 (39)
  • 2016 (41)
  • 2015 (30)
  • 2014 (24)
  • 2013 (25)
  • 2012 (18)
  • 2011 (12)
  • 2010 (12)
  • 2009 (4)
ページ上部へ戻る