次世代に夢をつなごう! 中小企業経営者のための事業承継対策(H29.3.8)

牧村博一

現在、我が国では年間2.7万社の廃業のうち、後継者不在を第一の理由とする廃業が約半数を占めており、雇用の喪失は毎年20万~30万に上るとされております。日本経済を支える中小企業の雇用や技術の喪失といった観点から、事業承継問題がクローズアップされています。

事業承継の準備期間は、3~10年間必要といわれておりますが、アンケートでは、60歳代で6割、70代で5割、80代でも4割の中小企業が事業承継の準備ができていないと回答しています。

この様な状況の中、経営者の皆様が次世代に夢をつなぐための事業承継対策として、「事業承継対策の具体的な進め方」、「M&Aなどの第三者への継承の流れと注意点」、「事業承継計画の立て方」、「事業承継に関する支援施策」などについて解説いたします。

開催要領

【日  時】平成29年3月8日(水)14:00~16:30(受付13:40~)
【会  場】川崎市産業振興会館 9階 第2研修室
【講  師】中小企業診断士 牧村博一
【受 講 料】1,000円
【定  員】30名(申込順)
【申込方法】FAX または E-mail(川崎市産業振興財団ホームページ「セミナー・イベント情報」から
【申込締切】平成29年3月7日(火)

内容

  1. 事業承継の具体的な進め方
    • 知的資産の受け継ぎ
    • M&Aなど第三者への承継の流れと注意点
    • 事業承継計画の立て方
  2. 事業承継に関する支援施策
    • 事業承継ガイドライン
    • 事業承継税制の拡大
    • 金融支援等の事業承継支援施策
    • 経営者保証に関するガイドライン など

経歴

大学卒業後、損害保険会社に勤務を経て、中小企業診断士、社会保険労務の総合コンサルタントとして独立。中小企業施策や各種補助金・助成金を得意分野とし、商店街の活性化支援、飲食店等小規模事業者持続化支援の実績を持つ。最近は、事業承継士として、中小企業の事業承継や経営者の相続ついての支援を積極的に行っている。

実績

  • 川崎市中小企業サポートセンター派遣専門家登録診断士
  • 一般社団法人事業承継協会認定 事業承継士
  • 川崎市内、東京都大田区等の商店街活性化補助金等支援多数
  • 東京都世田谷区、埼玉県行田市などの小規模事業者持続化補助金申請支援多数
  • 事業承継セミナー、中小企業向け補助金・助成金活用セミナー多数実施

関連記事

Change Language

Archives

  • 2017 (39)
  • 2016 (41)
  • 2015 (30)
  • 2014 (24)
  • 2013 (25)
  • 2012 (18)
  • 2011 (12)
  • 2010 (12)
  • 2009 (4)
ページ上部へ戻る