ビジネスモデルキャンバスの使い方

中小企業診断士 景山 洋介

 ビジネスモデルキャンバスは、アレックス・オスターワルダー博士によって開発された思考フレームワークです。1枚のキャンバスの中に、ビジネスモデルを考える際に必要となる9つの要素が詰まっているため、事業を実現するための課題を明確にするとともに、検討の抜け漏れを防ぐことが出来ます。

business-model-canvas
出典:http://www.businessmodelgeneration.com/

<ビジネスモデルキャンバスの活用方法>

ビジネスモデルキャンバスは以下の9つの要素で構成されています。

  1. 顧客セグメント(誰に)…どういった顧客層に価値を提供しているのか
  2. 価値提案(何を)…顧客の問題解決やニーズをどのように満たしているのか
  3. チャネル(どのように)…どのようなチャネルを用いて、顧客に価値を届けているか
  4. 顧客との関係…顧客との関係性はどのようになるのか
  5. 収益の流れ…顧客は何に対して、どのように支払いをするか
  6. リソース…提供価値を高める経営資源は何か
  7. 主要活動…提供価値を生み出している主な活動は何か
  8. パートナー…自社だけでは不足するリソースを提供してくれる協力者は誰か
  9. コスト構造…この事業を実現するためのコスト構造はどうなっているか

もし、新しいビジネスを始めることをご検討されているのであれば、その新事業に関して、これら9つの要素をキャンバスに当てはめながら考えてみて下さい。

考える順番は特に決まっていませんが、「1.顧客セグメント」や「2.価値提案」から考えると進めやすいです。ここで大事なことは、「2.価値提案」を具体的な「製品」や「サービス」にしてしまわないことです。

例えば、パン屋さんの価値提案は「食パン」や「あんぱん」ではなく、「焼きたて」や「ふわふわ」とした方が良いということです。いつでも焼きたてのパンが売っているとか、ふわふわ触感ならどこにも負けない、ということが自社の強みとなり、顧客にとっての価値になります。

また、「6.リソース」や「7.主要活動」を考える際は、「提案する価値に結びつく」リソースや活動と捉えると良いでしょう。先ほどのパン屋さんの例で見ると、「いつでも焼きたてを提供するためにパン職人を2人雇用している」というのは価値を高める「経営資源」になりますし、「ふわふわを実現するために小麦粉や焼き加減にこだわっている」というのは価値を生み出す「活動」になります。

このように、各要素を検討しながら、最後に収益とコスト構造を比較します。当然ながら、収益がコストを上回っていなければ事業として成り立たせることは難しいです。収益を高める、またはコストを下げる必要がある場合は、一度キャンバス全体を見渡し、改善出来るところがないか探してみて下さい。「いくら儲けが必要か」という視点から考えることも出来ます。

完璧なビジネスモデルというものは存在しません。ビジネスモデルキャンバスを活用して、様々な視点から検討してみることが大事です。

関連記事

Change Language

Archives

  • 2017 (31)
  • 2016 (41)
  • 2015 (30)
  • 2014 (24)
  • 2013 (25)
  • 2012 (18)
  • 2011 (12)
  • 2010 (12)
  • 2009 (4)
ページ上部へ戻る