理事長挨拶

この度、川崎中小企業診断士会は、2002年2月発足の「かわさき中小企業診断士クラブ」から一般社団法人へと移行し、団体名も「一般社団法人川崎中小企業診断士」と変更し、新たな第一歩を踏み出すことになりました。

当法人においては、これまでの任意団体の診断士クラブが16年間に亘って築き上げてきた「公益財団法人川崎市産業振興財団」(以下、財団)が主催する事業支援活動や地域支援活動等の独自事業活動をそのまま引き継ぐとともに、法人化により組織の社会的信用の一層の向上が図れ、更には川崎市はじめ中小企業の経営支援事業を推進する支援機関、支援団体並びに金融機関等との連携による組織活動機会の拡大に繋げることが可能になり、市内の中小企業の成長・発展は勿論のこと、地域経済の活性化に、より一層貢献できるよう進めて参ります。

また、川崎市では市内の中小企業の成長・発展に向け「オール川﨑」で「川﨑市中小企業活性化のための成戦略条例」(平成28年4月施行)に基づき市内経済の発展及び市民生活の向上に寄与することを目的に取り組んでいます。当法人「チーム川崎診断士会」も「オール川﨑」のメンバーに参加させていただき、我々のミッションとして掲げている川崎市内の中小企業の更なる成長・発展を図るとともに、地域経済の活性化に貢献すべく一丸となって取り組んで参ります。

皆様方の一層のご協力・ご支援・ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

一般社団法人川崎中小企業診断士会
理事長 山﨑 康之

 

Change Language

Archives

  • 2018 (8)
  • 2017 (40)
  • 2016 (41)
  • 2015 (30)
  • 2014 (24)
  • 2013 (25)
  • 2012 (18)
  • 2011 (12)
  • 2010 (12)
  • 2009 (4)

会員専用ページ

ページ上部へ戻る